結婚式に和服で出席するときのマナー

今さら聞けない!恥をかかないための冠婚葬祭のマナーを徹底解説

おすすめリンク

今、和装が再び注目の的

実は着物にはあまり知られていないメリットがたくさんあるんです。 その場が華やかになるのはもちろん、着物を元に居合わせた色々の方と話が弾み、所作振る舞いが美しくなり、更に洋服にはない様々な合理性を兼ね揃えています。しかも流行りの影響を受けず長く大切に着ることが出来ます。

実は着物にはメリットがたくさんある!

今は和装で結婚式を行う若い方が増えているそうです。
日本が誇る着物が今改めてその価値を見直されているようですね。
披露宴にゲストとして参列する際も和服だと、皆の注目をあびるだけでなく、主催側にも喜ばれるそうです。
きものブームの今、興味はあるけど「どんなきものを買ったらいいのか分からない」「すごく高いんじゃ?」「着こなす自信がない」「重そう」「動きにくそう」「管理が大変」「買うのとレンタルどっちが良いの?」など、いろいろな疑問があって一歩踏み出せない人も多いと思います。 そして和装ってマナーも難しそう。
たしかに着物は「着ていく場所」や「目的」など、TPOをきちんと把握しておくことが大切です。普段きものに触れる機会もそう多くはないため、種類の違いや柄の意味もよくわからないという方もいることでしょう。
着物を着てみようと思ったとき、買うか、レンタルにするか、で悩んでしまう人も多いと思います。着る回数にもよるでしょうし、その人の価値観にもよりますので一概には言えませんが、それぞれメリットデメリットがあります。
また、きものは買ったらそれで終わり、というものではありません。
きものは、非常にデリケートな衣類です。キチンと手入れをせず、タンスにしまいっ放しにしていると、せっかく買った着物を台無しにしてしまうことが多々あります。
そこで今回は結婚式できものを着る際に押さえておきたいポイントやマナー、美しい着こなし方、メンテナンス、レンタルか購入か、それ以外にも着物の持つ様々なメリットをご紹介します。

着物の種類 結婚式にふさわしい着物は? 

今更ながら「そもそも何を着れば良いのかわからない」という方も多いのではないでしょうか?着物を着る機会もそう多くあるわけではなく、正直あまり柄の意味もよくわからないという方もいることでしょう。 着物の種類と、きものを着る際に押さえておきたいポイントをご紹介します。

美しい身のこなし

美しい所作や立ち振る舞いは、きもの姿をより美しく見せます。しかしきものに慣れていないと、普段の何気ない動作もぎこちなくなってしまいますし、ルールやマナーも最初は知らないとちょっと不安ですね。でもちょっとしたコツで動きも楽になりますし、基本的なマナーを知っておくと、自身を持って振舞うことができます。


PAGE
TOP